パーソナルデザイン メイク

メイクのお悩みNo.1! イケてる眉毛はこう作る!

投稿日:

eyebrow

メイクに関する悩みで断トツに多いのが、

うまく眉毛が書けません。

というもの。

眉毛って、
濃い人は濃いなりの
薄い人は薄いなりの
悩みがあるんですよね。

毛量もカタチも本当に様々で
左右差がある場合もあるし
眉尻だけ眉毛がない人もいます。

そして、それひとつで
顔の印象を大きく変えてしまうのも眉毛。

今時、細くて濃い一昔前のアーチ型の眉毛をしていたら
どんなにトレンドファッションに身を固めていても
どんなにヘアスタイルがきまっていても
どこか時代遅れで古い印象を与えてしまいます。

最近は太眉ブームを経て、
細眉、アーチ型眉へトレンドが移行していますが
それでも昔流行った眉毛とは印象が随分違いますよね。

それほど、眉毛の役割は大きいです。

アイブロウメイクが苦手な方には
その人に合った眉毛の描きかた、作りかたをお伝えしていますが

実は、テクニックを磨かなくても、
アイテムを変えるだけでもっと自然な眉毛になることも少なくありません。

自分の眉毛に合ったアイテムを選ぶのがポイントです。

アイブロウメイクで使用する主なアイテム

★ペンシル
★パウダー
★リキッド
★眉マスカラ

お客様の中で多いのは、 ペンシルで結構しっかりと眉毛を書いている人。
 
毛量の少ない人はいいですが、
多い人だと眉毛の印象を強めしっかり眉になって
キツく見えてしまいます。

ペンシルだけだと、いかにも「描きました!」というのっぺりとした眉毛にもなりがちです。

眉毛が濃くてしっかりしているひとへのおすすめアイブロウメイク

眉毛が濃くてしっかり派なあなたには
パウダー+マスカラがおすすめ◎

最近はカタチをしっかり作る眉毛よりも
ナチュラル感やふんわり感のある眉の方がトレンドなので

元の眉毛がしっかりある人には、
ペンシルは必要なかったりします。

パウダーだと優しい印象を作りやすいですし、
作り過ぎない仕上がりになります。
最低限、足りないところだけペンシルで補うイメージ。

マスカラをすると軽さがぐっと出るので
髪の色に合わせてマスカラを取り入れて見てください。

眉毛が薄くて少ないひとへのおすすめアイブロウメイク

眉毛が薄い、少ないひとは
ペンシルで書くのもOK◎

ただ、ペンシルは油分なので、
こすったり汗で落ちやすいです。

ペンシルで書いたあとに
パウダーをのせてあげることで
長持ちさせることができます。

夕方になると眉毛が無くなるという人には
リキッドタイプもおすすめ。
 
リキッドの方が、ペンシルよりも繊細なアイブロウメイクが可能です。
本物の毛のように描けるのでのっぺりせず、自然な仕上がりになります。

しっかり眉だけど眉尻だけ毛がないひとは

ちなみにわたしは
パウダー+リキッド+マスカラ派。
もともとしっかり眉だけど、眉尻だけ眉毛が足りないタイプです。
 
パウダーでアウトラインを作って、
眉尻の足りないところをリキッドで書いて
マスカラを付けるという手順。

これで1日眉毛がもつので、化粧直しいらずです。

ちなみに、軽さを出すために定期的に眉毛は脱色しています。
個人的には、脱色すると更にアイブロウメイクが楽ちんになります 笑。

 

アイブロウメイクとアイメイクは盛り過ぎ傾向の人が多いので、
思った眉毛にならないなぁという方は
一度見直してみるといいですよ。
 
眉毛が今っぽいと、
顔の印象も今っぽく、若々しくなります。

アイテムを変えてみたけれど眉毛がしっくりこない、などメイクでお困りの方はこちらでご相談くださいね♪

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@はじめました

ブログの更新情報、おすすめ商品、パーソナルカラーや骨格タイプ向けお役立ち情報を配信していきます。ライン@限定の情報も♪ ファッションのお悩みなど個人相談も定期的に受付予定です! 「友だち追加」ボタンをクリック、または@szj6500rで検索してご登録ください。

友だち追加

-パーソナルデザイン, メイク
-, , ,

Copyright© 【名古屋・愛知・岐阜】骨格診断、パーソナルカラー診断、イメージコンサルティング- iDesign , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.